データとの対話S −C言語によるプログラミング入門(1)− (商)
情報処理特論I −C言語(1)− (法)
情報処理II −C言語プログラミングI− (経)
(このページは2018年度春学期の授業資料です)

重要:春学期の最後の授業日7月17日は第4校舎 J14教室にて、小テストを行ないます。
持込み可ですが、パソコン類は不可で、筆記試験となります。
参考: 2017年度春学期の小テスト
試験終了後に第2回レポートを回収しますが、
もし17日にレポートが提出できない場合は、
8月1日(水)11:00〜12:40の間に矢上キャンパス26棟103室へ
持ってきていただければ、受けとります。

注意:2018年は履修希望者が教室定員を超えたので、抽選となりました。
春学期は学籍番号の末尾数字が0,1,2,3,4,8,9の方が、
秋学期は0,1,2,4,5,6,7,8,9の方が履修できます。
希望されたにもかかわらず抽選にもれてしまった方、申し訳ありません。
4月10日に使ったガイダンス資料
授業で使うC言語環境について (追記あり 4/23)
ビルドの際のscanfに関するエラーについて
注意:実行時に出力画面がすぐに消えてしまう場合は、
  デバッグ→プロパティ→リンカー→システム→(一番上にある)サブシステムをコンソールにする。
macでプログラミングをする場合は
家のパソコンにVisual Studio Express (無料) [他のバージョンでもOK] をインストールしておくと、レポート課題に取り組む時などに便利でしょう。 Visual Studio Community 2015のインストール法や使い方については この記事がわかりやすいです。

第1回レポートについて
第2回レポートについて

まず使ってみよう
ifによる条件分岐
  • ifの例題
  • whileを使った繰り返し
  • whileの例題1
  • whileの例題2(1)
  • whileの例題2(2)
  • whileを使った繰り返し (続き)
  • whileの例題1
  • whileの例題2 数当てゲーム
  • 付録 do-while文について
    whileを使った繰り返し (素数を求める問題)
  • whileの例題 素数判定1
  • whileの例題 素数判定2
  • whileの例題 冪乗1
  • whileの例題 冪乗2

  • forを使った繰り返し
  • forの例題 素数
  • forの例題 温度換算
  • forの多重ループ
    配列
    終わらないループについて
    配列の練習問題
    泡立ち法による並べかえ
    選択法による並べかえ(ここは飛ばしました)

    コンピュータ内での数の表現
    秋学期に向けて

    情報倫理については 慶應義塾ITCが作成した文書 に簡潔にまとめられているので、 各自熟読してください